線は僕を描くの意味は?グッとくるストーリーのあらすじや感想まとめ

線は僕を描く 意味 映画

2022年10月21日に公開予定なのが『線は、僕を描く』です。

こちらは主演を横浜流星さんが務める水墨画がテーマの青春映画であり、
注目が集まっていますね。

原作小説の評価も高く、気になっているという人も多いと重ますが、
まず気になるのが線は僕を描くというタイトルです。

どうして『僕は、線を描く』ではなく『線は、僕を描く』なのしょうか?

ここではそんな線は僕を描くの意味や感想について紹介していきます!

&nbsp

線は、僕を描くを読むならまんが王国

線は僕を描くの意味は?あらすじについても

線は僕を描くですがあまりない水墨画をテーマにした映画ということで、
期待が高まっていますね。

また映画は大ヒット映画である『ちはやふる』のスタッフが再集結をしたということで、
こちらのファンの方も注目をしているかもしれません。

 

しかうまず気になるのがタイトルですよね。

線は僕を描く、というタイトルですがこちらはどういう意味になのでしょうか?

これは、筆者が推測するに水墨画が主人公の生き方を照らし出すという意味だと思います。

 

詳しく解説をしていきます。

線は僕を描くの簡単なあらすじとしては以下のようになっています。

線は僕を描くの主人公青山霜介は両親を亡くしたというショックから、
どこか虚空のような日常を送っています。

そんな霜介はとあるバイトをきっかけにして、水墨画の巨匠である湖山に出逢います。

湖山は悲しみを背負っている霜介だからこそ水墨画を描けるという信念の元、
霜介を弟子にして水墨画の世界に招きます。

最初は全くの初心者だった霜介ですが、
様々な出会いや水墨画の世界に魅入られることで才能を開花し前を向いて生き始めます。

という感じの話であり、原作は霜介を中心とした青春小説となっています。

 

作者である砥上裕將は実際の水墨画家ということで、水墨画の描写もリアルで美しいです。

そして何よりも水墨画を通しての霜介の成長に心を打たれるのですが、
そこには水墨画という新しい霜介にとっての生き甲斐があります。

物語の主人公は霜介なのですが、世界は水墨画なのです。

物語の中で、湖山は水墨画の「線」について語るシーンがあります。

この線が新たに霜介の生きる道を導き、生き方を照らし出すということで、
『線は、僕を描く』という変わった題名になったのではないでしょうか?

線は僕を描くの感想と映画への期待

線は僕を描くですが、誤読感としては爽やかな気分になれる、青春映画です。

霜介の成長はもちろんなのですが、その周りのキャラクターもよく、
特に師匠となる湖山は名言製造機として物語を彩ってくれます。

 

映画への期待としても、やはり主人公である霜介を演じる横浜流星さんの演技だと思います。

最初の影のある霜介から人間的に成長をして、前をむき始めるまでの過程を、
ぜひ丁寧に演じてもらいたいと思います。

 

また湖山を演じる三浦友和さんの名言の台詞回しも気になるところです。

原作小説では心に来るセリフが多いのですが、大抵湖山のセリフです。

どのセリフが映画で登場するかも楽しみですし、
渋みのある俳優さんが発するとより一層言葉の説得力も増しますよね。

 

線は僕を描くは青春映画ですが、若者の成長を描くという点では、
『ちはやふる』のスタッフが再集結したのはぴったりだと思います。

ちはやふるも競技カルタをテーマにした男女の青春映画です。

線は僕を描くとも共通した世界観ではあるので、
きっとうまく映画の中に落とし込んでくれると思います。

線は僕を描くの公開が待ち遠しいですね。

線は、僕を描くを読むならまんが王国

まとめ

線は僕を描くは2022年10月21日公開予定となっています。

水墨画をテーマにした青春映画となっていますが、気になるのはそのタイトルです。

この意味ですが、水墨画が主人公である霜介の新たな生き方を照らし出すという意味で、
名付けられているのではないでしょうか?

映画としては主演を演じる横浜流星さんの演技にも注目ですし、
個人的には湖山の台詞回しに注目をしたいところです。

そんな線は僕を描くの映画公開を楽しみに待ちたいと思います!

線は僕を描くの名言は?映画で出てきてほしいセリフはこれだ!

線は僕を描くの映画ロケ地はどこ?目撃情報についても調査!

線は僕を描くの前売り券・ムビチケはいつから?舞台挨拶についても

線は僕を描くのDVD発売日はいつ?配信開始日も予想!

線は僕を描くの漫画最終回の感想!打ち切りっぽいと言われる理由は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました